FC2ブログ

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10« 2018/11 »12

プロフィール

神崎律

Author:神崎律





ツンデレキャラをこよなく愛する
腐女子高生

*大好き*
宍戸さん
田島
泉君と浜ちゃんの絡み←
ディノさん
ルル(^ω^)
ショタレン
ロックオン兄様
宮城をすきすぐる忍ちん

結局は雑食なんです^p^


私は宍戸さんを
何時までも
愛し続けます!!←


ボカロ好きです
レン贔屓ですいません;;


リンクフリーです
寧ろ相互様募集中です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘いkissの味 


宿題が終わらない^p^
なんだが28日は実力テストらしいです☆←
それよりもまじでしゅくだーい\(^O^)/


追記はやっちまいました
 鮫 跳 の 短 編 小 説 で す (^ω^) 
もうあえて自重しないん、だ^p^


おkな方のみ追記へお進み下さい^^^^^^
※キャラ崩壊だったり、自分が思っているのとキャラが違う!!とかあります。
苦情は受け付けませんよ☆
なんたって自己満なんですかr(ry





来てしまいましたね^p^
責任一切とりませんよー(^ω^) 






それではどうぞw


今回はディノとスクアーロの甘々です(^ω^) 














リング争奪戦も終わり、ボンゴレ9代目を病院に送ったり…。
色々と忙しい毎日だったが、久しぶりに休みをとってスクアーロに会いに行った。

「久しぶり、スクア…」
「う゛おぉい、跳ね馬。これはどういうことだぁ?」

久しぶりに会った一言がこれだ。
仮にも恋人だというのに…それはないだろう?






甘いkissの味






スクアーロが持っていたのは、恭弥と写っている一枚の写真だった。

「これは、リング争奪戦のときの俺の教え子だ。お前も知ってるだろ?」
「そういうことは聞いてねぇ。何でお前が今更会う必要があったのか聞いてんだぁ」

あぁ、こいつは恭弥に妬いてんだ。
しかも全くの自覚なし。

「いや、偶然会っただけだって」
俺はスクアーロが妬いてくれてるのがすごく嬉しかった。
思わず笑ってしまうくらいに…。

「偶然会っただけなのにこんな楽しそうに歩いてんのかぁ?」
「や、確かに恭弥とはこの後話して帰ったぜ、少しだけだけどな」
「本当かぁ?」
「あぁ。俺は嘘なんかつかねぇぜ」
「う゛おぉい!それが嘘だろうが」
「そうか?」


するといきなりスクアーロは立ち上がり、俺に近寄ってきた。


「どうした…?スク…!」

何も言わずに唇を重ねてくるスクアーロ。
俺はそれに答えるようにして、首に手を回した。

「今回の件はこれで許すが、今度は許さねぇからな。覚えておけぇ」

「それは怖いな」
と俺はにっこり微笑んだ後、


「ごめんな」


そういってスクアーロに抱きついた。

そしてもう一度甘くて深いキスを交わす…。


そのキスはまるで、昔2人で一緒に食べた飴のように甘かった。






end.





ごめんなさい(´・ω・`)
ただの自己満足です^^^^^^^^^^^^
スクアーロとディーノさんは常に一緒に居て欲しいです^p^
そしてスクディノ派です。 
ディノスクよりスクディノです(五月蝿い


最後まで読んで下さった方、
私の自己満足に付き合って下さって有難う御座いました^^

多分調子に乗ってだらだらとうpしますので^^←自重


スポンサーサイト
ただの独り言 | HOME | 宿題が終わらない^p^

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。